社員のつぶやき

2019年08月

2019.08.23

ありがとう星稜高校

令和初の夏の甲子園は履正社(大阪)の優勝で幕を閉じました。

北陸初の全国制覇を期待し星稜(石川)を応援していましたが、試合毎に強くなっていく星稜を履正社の執念が上回った試合でした。

履正社打線が星稜奥川君に完璧に抑えられたあの春のセンバツが無ければと思いましたが、奥川君対策で結束したことを象徴する井上君の一振りは流石でした。

智弁和歌山(和歌山)戦で見せた奥川君の快投はしびれました。

富山出身の内山君、キャプテンの山瀬君、トップバッターの東海林君などなどみんな大活躍でした。

我が家で注目していた有松君も苦しみましたが後半調子を取り戻し、いい場面で打ってくれました。

さて、ご当地の高岡商業(富山)は昨年は大阪桐蔭、今年は履正社といずれも優勝校に敗れるもののベスト16に残る大健闘ぶりで、敦賀気比(福井)も含め北陸3県がベスト16に残るという北陸人にはたまらない夏となりました。

星稜OBの松井秀喜さんのコメントで、「星稜高校野球部のモットーは、あくまでも、野球を通しての人間形成です。」とありましたが、本当にそうあってほしいです。

それにしても勝っても負けても泣きじゃくる奥川君、かわいかったですね。

カテゴリーリスト

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31