社員のつぶやき

2019.06.24

八村 塁

NBAのドラフトで1巡目指名は日本人初の快挙と連日スポーツニュースの中心になっている八村 塁選手。

先日の朝乃山関とともに富山県を盛り上げてくれています。

令和元年は富山県にとっては奇跡の年になりました。

昨年の大みそかにたまたま八村 塁選手の弟 八村 阿蓮選手を見かけたり、
八村 塁選手とは誕生日が同じということで、八村兄弟にはより一層親近感がわいています。

これからも大活躍を期待しています!

2019.06.19

続「358」

以前聖なる数字「358」という言葉をご存じですか?というタイトルでつぶやいたのですが、最近ナンバープレートが「358」になっている車を2台立て続けに見ました。

それとは別に社員のナンバープレートにも「358」があることも発見しました。

ただの数字として見ていたものが、気にしてみると結構あるものです。

私なりの気づきでした。

2019.06.06

全員で掃除をしています

イズミでは毎日朝から全員で掃除をしています。

玄関・トイレ・床・給湯室・デスク・テーブル・棚などイズミルールに則って担当者や場所を変えながら掃除をしています。

目的や狙いがいくつもあるのですが、何回かに分けて紹介していきたいと思います。

まず1つ目は「日常の気づき」です。

イズミでは「目配り、気配り、心配り」をとても大事にしており、その先には業務や日常を「改善・提案・気づき」につなげるということです。

繰り掃除をし続けると、

「こんな所に傷があったかな?」

「ここはみんなちゃんと拭けているかな?」

「毎日拭いているのにこんなに汚れるんだなー」

「ドアが閉まりにくくなっているなー」

「もっと早くできる方法はないかなー」

「もっと綺麗になる道具はないかなー」などなど色々な「気づき」があるものです。

その「気づき」を各自の業務や日常に当てはめて考えてほしいのです。

毎日見ている風景が違って見えてくれば、「気づき」の第一歩です。

そんなことを思いながら、そして期待しながら今日も明日も掃除は続きます。

2019.06.03

ストップウォッチで時間への意識を

業務の中には時間計測し、報告するものが幾つかあります。

その幾つかの中には「加工」「検査」「出荷」「受注」「掃除」などが含まれていますが、

これまで各自の腕時計やスマホなど計測器具に違いがありました。

この度、ストップウォッチを大量に購入し、器具を揃えることにしました。

常時首からぶらさげて、「自分の仕事を計測する」「時間への意識を高める」ことが目的です。

早速試してみましたが、これまで10分くらいと思ってやっていた仕事が8分だったり、11分だったりとずれがあるものです。

一つ一つの仕事を細分化し、そこに何分かかっているのかを把握することはとても大事なことです。

仕事のスピード、やり方が一人でも多く変わることを期待しています。

タイムイズマネー です。

2019.05.27

朝乃山 優勝

 

富山県のご当地力士である朝乃山が令和最初の場所を初優勝で飾りました。

おめでとうございます!

富山県出身力士としては103年ぶりの快挙だそうです。

8月1日には「大相撲富山場所」が開催されます。

朝乃山の凱旋でかなり盛り上がることでしょうね。

朝乃山時代が来るのでしょうか、ぜひ来てほしいと思います。

2019.05.17

寄せられた施工写真の景品発表

 

今年もたくさんの施工写真をお送りいただきありがとうございました。

毎年お送りいただいた皆様にお礼の品として景品をお送りしているのですが、

今回は「富山の売薬さん」という富山銘菓に決定しました。

準備でき次第発送しておりますので、来週中にはお手元に届くのではないかと思います。

ぜひ富山のお菓子をお楽しみください!

ありがとうございました。

2019.05.07

ポップサーカスがやってくる

 

元号も平成から令和に変わり、新しい時代が始まりましたね。

さて、2019.7.6~9.1の期間、富山アルペンスタジアム駐車場でポップサーカスが公演されます。

5年ぶりの公演なのですが、実は5年前に社長の厚意で社員とその家族を招待してくれました。

そして、今回の公演も前回同様社員とその家族を招待してくれることになりました。

その数なんと40人。

社長 ありがとうございます。

空中ブランコはじめ様々なアクロバットが見られるのが今から本当に楽しみです。

2019.04.12

全日本チンドンコンクール

「全日本チンドンコンクール」をご存知でしょうか?

富山の春の風物詩です。

チンドン太鼓などをたたいて鳴らし、クラリネットなどを吹きながら賑やかに町中を歩きまわります。

白塗りの顔にド派手な衣装も人の目を引きます。

戦後間もない富山産業大博覧会にも「チンドン屋」が出ていたとの記録もあるそうで、歴史は相当古いです。

当時「全国チンドンコンクール」だった名称も今は「全日本チンドンコンクール」と呼ばれ、素人のコンクールもあるようです。

先日、平成最後のチンドンコンクールが終わりました。

元号が変わっても、大事に残したい文化です。

2019.04.09

花壇の花々

みなさん今年のお花見はいかがだったでしょうか。

私は運転中に眺めるだけの花見でした。

さて、イズミの花壇にも色とりどりの花が咲きました。

ひときわ目立つのがチューリップ。

チューリップと水仙を少し摘んで事務所にも飾って見ました。

花があるのとないのとでは気分が違いますね。

2019.04.04

東邦 センバツ優勝

平成最初と最後のセンバツで優勝を飾った東邦(愛知)。

単独最多優勝回数も中京大中京(愛知)を抜いたとのこと。

今年は大会2日目を甲子園で観戦し、個人的にも大変印象的な大会でした。

色々な球場でプロ野球を観戦してきましたが、甲子園での高校野球は格別でした。

平成最初の優勝投手 山田喜久夫さんが応援している姿を何度もテレビで見ることができ、当時を懐かしく思い出しました。

当時の決勝の相手は上宮(大阪)。

あの元木大介(巨人)や種田仁(中日)などスター軍団を相手に劇的なサヨナラ勝ちをしたシーンは今でも名シーンとして放送されています。

昨年の大阪桐蔭(大阪)春夏連覇も衝撃的でしたが、よくこんなに次々とドラマを生み出すものだと思います。

元号も「令和」になりますが、また数々のドラマを楽しみに夏を待ちたいと思います。

カテゴリーリスト

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30