社員のつぶやき

2019年06月

2019.06.24

八村 塁

NBAのドラフトで1巡目指名は日本人初の快挙と連日スポーツニュースの中心になっている八村 塁選手。

先日の朝乃山関とともに富山県を盛り上げてくれています。

令和元年は富山県にとっては奇跡の年になりました。

昨年の大みそかにたまたま八村 塁選手の弟 八村 阿蓮選手を見かけたり、
八村 塁選手とは誕生日が同じということで、八村兄弟にはより一層親近感がわいています。

これからも大活躍を期待しています!

2019.06.19

続「358」

以前聖なる数字「358」という言葉をご存じですか?というタイトルでつぶやいたのですが、最近ナンバープレートが「358」になっている車を2台立て続けに見ました。

それとは別に社員のナンバープレートにも「358」があることも発見しました。

ただの数字として見ていたものが、気にしてみると結構あるものです。

私なりの気づきでした。

2019.06.06

全員で掃除をしています

イズミでは毎日朝から全員で掃除をしています。

玄関・トイレ・床・給湯室・デスク・テーブル・棚などイズミルールに則って担当者や場所を変えながら掃除をしています。

目的や狙いがいくつもあるのですが、何回かに分けて紹介していきたいと思います。

まず1つ目は「日常の気づき」です。

イズミでは「目配り、気配り、心配り」をとても大事にしており、その先には業務や日常を「改善・提案・気づき」につなげるということです。

繰り掃除をし続けると、

「こんな所に傷があったかな?」

「ここはみんなちゃんと拭けているかな?」

「毎日拭いているのにこんなに汚れるんだなー」

「ドアが閉まりにくくなっているなー」

「もっと早くできる方法はないかなー」

「もっと綺麗になる道具はないかなー」などなど色々な「気づき」があるものです。

その「気づき」を各自の業務や日常に当てはめて考えてほしいのです。

毎日見ている風景が違って見えてくれば、「気づき」の第一歩です。

そんなことを思いながら、そして期待しながら今日も明日も掃除は続きます。

2019.06.03

ストップウォッチで時間への意識を

業務の中には時間計測し、報告するものが幾つかあります。

その幾つかの中には「加工」「検査」「出荷」「受注」「掃除」などが含まれていますが、

これまで各自の腕時計やスマホなど計測器具に違いがありました。

この度、ストップウォッチを大量に購入し、器具を揃えることにしました。

常時首からぶらさげて、「自分の仕事を計測する」「時間への意識を高める」ことが目的です。

早速試してみましたが、これまで10分くらいと思ってやっていた仕事が8分だったり、11分だったりとずれがあるものです。

一つ一つの仕事を細分化し、そこに何分かかっているのかを把握することはとても大事なことです。

仕事のスピード、やり方が一人でも多く変わることを期待しています。

タイムイズマネー です。

カテゴリーリスト

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30