Q&A

質問をクリックすると回答が表示されます。

コートシリーズには3種類の名前のパイプがありますが、違いは何ですか?尚、使い分けがあるなら教えてください。

表面の仕上げが違います。エスパイプの被覆材はASAという樹脂でアイパイプは塩ビです。サンパイプは塗装仕上げになっています。また、エスパイプの樹脂はアイパイプに比べると硬いのですが、耐候性においてはアイパイプよりも優れています。サンパイプは塗装仕上げになっていますので、アイパイプやエスパイプのように触った時の熱さ・冷たさを和らげることはできませんが、耐候性においては3種類の中では最も優れています。使い分けとしましては、握り心地と耐候性の両方を求めるのならエスパイプ。 握り心地を優先するならアイパイプ。耐候性を優先するならサンパイプということになります。 

既製品で納まらない現場があるのですが、どうしたら良いでしょうか?

当社では特注品を製作しています。まずは現場の様子をお聞かせください。
特注品の紹介

屋外手すりでALCの外壁に手すりを取付ける場合は、ALCアンカーを使用すれば良いですか?

ALCアンカーは「物の固定用」のため、手すりのように設置後に繰り返し荷重がかかる場合は適しません。壁付けではなく支柱を立てることをお勧めいたします。

木棒を支柱に使いたいのですが良いですか?

木棒を支柱にする場合は、そのままでは強度不足なので壁面などより補強を取ってください。
尚、当社にはアルミ製の「W35はね上げ柱付用木目パイプ」がありますので、支柱としてご使用いただけます。
しかし、組合せに制限がありますので、詳しくは直接お問合せください。

数年前に取付けた屋外手すりのパイプが汚れているのですが、対処方法はないですか?

汚れの程度にもよりますが、C35アイパイプであれば「C35パイプ用取替え樹脂カバー」を用いて樹脂を交換することができます。

コートシリーズの支柱立ての手すりの足元部材に「C35カバー付アンカーベースM」と「C35アンカーベースP」がありますが、違いは何ですか?また、使い分けがあるのであれば教えてください。

大きな違いは見た目と施工性です。
「C35カバー付アンカーベースM」は施工後はカバーしか見えないため、支柱の足元がスッキリと見えます。しかし、パイプの切断寸法にあそびがほとんどありません。一方、「C35アンカーベースP」は施工後は金具本体が見えるため「C35カバー付アンカーベースM」ほどスッキリとした見た目にはなりません。しかし、パイプの切断寸法がシビアではないので施工性が良いと言えます。

アプローチグラブバーのパイプの色をベージュにすることはできますか?

申し訳ございません。商品の仕様はブラウンのみです。ベージュにする場合は恐れ入りますが、アルミエスパイプのベージュをご購入ください。

芯材がステンレスのパイプにビス留めする場合、付属のステンレス製のビスだとビスの山が舐めてしまうことがあります。何か良い方法はありませんか?

パイプに直径3.4ミリぐらいの下穴を開けて同梱のビスと同じ4ミリの鉄ビスで一旦「道」を付けます。その後、鉄ビスを抜き付属のステンレス製のビスで本留めするという方法があります。

はね上げ手すりを、下げる方向や横に開く方向に取付けても良いですか?

はね上げ手すりはあくまでも“上げる方向”でのみご使用ください。

ウッドシリーズとコートシリーズを組合せて使いたいのですが、可能ですか?

基本的にはこれらを組合せることを想定しておりませんが、中には組合せることができる金具もあります。しかし、組合せに制限がありますので、詳しくは直接お問合せください。

浴室にコートシリーズを使って良いですか?

はい、ご使用いただけます。しかし、浴室用の溶剤系の洗剤は手すりに害を及ぼしますので、手すりにかからないようにしてください。

「Yアルミベース」を接着剤とビスを使ってユニットバスに取付けた手すりを「不要になったので外して元のように戻してほしい。」という依頼を受けました。可能でしょうか?

手すりを外す前提での取付け方ではないので、手すりを外すことは出来ますが、元の状態に戻すのは難しいと思います。

お客様から強度について質問された場合は、どのように答えたら良いですか?

当社の商品は、財)ベターリビングの【補助手すり】の強度基準に準じています。
詳しくはこちら

商品の保証はどうなっていますか?

保証期間は販売日より2年間です。
詳しい内容はこちらから

商品を現場に直送してほしいのですが可能ですか?

受取る方のサインが必要になりますので、現場でどなたに渡すのかを特定していただければ可能です。
但し、納入日は運送会社に委ねることになりますので確約することができません。