イズミ株式会社

2018/6/11 月曜日

6月11日(月)

Filed under: その他 — webizumi @ 14:31:04

 

各地で梅雨入りが始まっています。

 

毎年この時期になると梅雨の無い北海道を羨ましく思っています。

 

北陸は年間を通すと、3日に1日は雨が降ると言われており、中でもお隣の石川県は年間降水日数が日本で一番で、多い年では一年の半分以上が雨という年もあるそうです。それ故「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉もあるんですよ。

 

ちなみに北陸の雨の日は秋から冬にかけてが多いのです。

 

同じ雨でも梅雨は気温が高い分ジメジメと鬱陶しさが増すことから、多くの人から嫌がられていますが、北陸の人の中には「梅雨の方がマシ」と言う人もいるくらいです。

 

ここは一つ梅雨を前向きに捉え、読書やDVD鑑賞など雨の日を楽しんではいかがでしょうか?

 

年間降水日数が日本一多いのは石川県ですが、年間降雨量を調べたところ一番多いのは鹿児島県屋久島でした。

 

そして、宮崎県えびの、高知県魚梁瀬、三重県尾鷲と続き、5位には富山県宇奈月が入っていました。

 

2018/5/24 木曜日

5月24日(木)

Filed under: その他 — webizumi @ 11:42:13

 

日大アメフト部の反則タックル問題が連日大きく報道されています。

 

反則した選手自身による会見を見て、二十歳そこそこの若者があれだけの人数の記者を前に、しっかりと自分の言葉で事実を説明し自分の非を認め、そして謝罪する姿はどこか潔さを感じました。

 

おそらく相当の覚悟と準備をもってあの場に立ったのだと思います。

 

一方、前監督をはじめとする指導者達の直後の対応や会見は選手のそれに比べると、どこか言い訳が前面に出ている印象を持ちました。

 

個人的には競技における勝利至上主義は悪くはないと思います。

 

むしろ、明確な目標を持ちそのために全てを犠牲にして目標に向かって邁進することは簡単に真似のできる事ではなく、素晴らしいことだと思います。

 

しかし、あくまでもルールや人としての道を外さないことが前提であることは言うまでもありません。

 

「指導者」と呼ばれる人は関わる選手や教え子の人生に影響を与えるという自覚と責任を持って指導して欲しいものです。

 

また、報道も人の人生を大きく変えてしまう、とても恐ろしいものであることを本当の意味で理解した上で報道して欲しいものです。

 

2018/5/2 水曜日

5月2日(水)

Filed under: その他 — webizumi @ 10:23:35

 

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?

 

今年のGWは前半と後半に分かれており、今は前半が終わったところですが、中には9連休という方もいらっしゃるようで、羨ましい限りです。

 

とは言っても私個人的には、暦通りに3連休+4連休が丁度良い感じです。

 

理由は言うまでもなく、9日も連続して休むとなると、間違いなく「働く感覚」が鈍り、そしてその感覚を取り戻すのに時間がかかるからです。

 

このように書くと、仕事人のように思われる方もいらっしゃるのでしょうが、1年の1/3過ぎたにも関わらず何の進歩もなかったように思います・・・

 

GWが明けたら、自己啓発を意識していこうと思います。

 

2018/4/11 水曜日

4月11日(水)

Filed under: その他 — webizumi @ 15:20:14

 

海を渡った大谷翔平選手が活躍しています。

 

オープン戦で結果が出せなかったためにメディアから相当叩かれていましたが、本拠地デビューとなったインディアンス戦から3試合連続のホームラン。打率4割6分2厘、7打点をマークし、一気に大谷株は急上昇しました。

 

投げてはメジャー初先発で難なく1勝目を挙げ、本拠地デビューのアスレチック戦では7回1アウトまで12奪三振の完全投球と、地元ファンの心をガッチリ掴んだのではないかと思います。

 

そしてあれだけ叩いていたメディアも手の平を返したように絶賛している様は、爽快な気分にさせてくれています。(二刀流を批判していた記者は謝罪したとか)

 

その大谷選手のコメントも冷静で、自分の置かれている状況(まだ研究されていない)をちゃんと弁えており、多くの人に好感を持たれたことでしょう。

 

まだ23歳と若いのにその人間性には私、完璧に負けています・・・。

 

というか、比べること自体が失礼ですね。

 

大谷選手のコメントにもありましたが、今後研究された上でどのような結果を残せるかが問われるのでしょうね。

 

いずれにしてもケガそして故障することなく、活躍し続けることを期待しています。

 

「頑張れ!!大谷翔平!!」

 

2018/3/22 木曜日

3月22日(木)

Filed under: その他 — webizumi @ 16:20:09

 

先のオリンピックに続き、行われたパラリンピック。

 

中でも村岡選手の5個のメダル獲得には「凄い」の一言に尽きると思います。

 

金が1個、銀と銅がそれぞれ2個。全てを一度に首にかけたら、かなり重いんでしょうね。

 

でもその重さは何ものにも替えがたい価値ある重みだと思います。

 

また、当地富山出身の川除選手もいたことで、地元のTV局ではその活躍を頻繁に放送していました。

 

今大会の日本選手団の中で最年少(17歳)とのこと。これからが楽しみな選手の一人です。

 

 

そして今週には選抜高校野球が開幕します。

 

富山県からは古豪の富山商業高校が出場します。

 

私の母校なので、いつもにも増して応援に力が入りそうです。

 

2018/2/26 月曜日

2月26日(月)

Filed under: その他 — webizumi @ 19:12:15

 

先日幕を閉じた冬季オリンピック。

 

金メダルが4個、銀メダルが5個、銅メダルが4個の合計13個は過去最高のメダル獲得数だそうです。

 

ちなみに一番多いのはノルウェーの39個。実に日本の3倍とは凄いの一言です。

 

今大会も色んなドラマがあり、感動と悔しさが日替わりメニューのように入れ替わっていました。

 

それと競技開始時間が夜遅かったり、北朝鮮の応援団や各国の要人たちの動向など、何かと話題が多かった大会だったような気がします。

 

そして、競技は一瞬なのですが、そのために苛酷な4年間を過ごしてきた選手の皆さんや関係スタッフの方々には頭が下がる思いで一杯です。

 

2018/1/19 金曜日

1月19日(金)

Filed under: その他 — webizumi @ 10:17:08

 

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

年が明けての一発目がこの時期になってしまったのは、年明け早々にインフルエンザにかかってしまい、その後当地が大雪に見舞われ、いつもとは違った日常だったからなんです。。

 

とにかく、今回の大雪には参りました・・・

 

数年ぶりに交通機関は麻痺。停電によって日常生活も一時的に奪われた地域もあり、学校はもちろん、自宅待機となった会社も多くあったようです。

 

これが「ラニーニャ現象」の影響なのでしょうね。

 

こんな一年のスタートですが、今年もこのコーナーにお付き合いくださいますようお願いいたします。

 

最後になりますが、皆さんにとって良い一年となりますように!

 

2017/12/21 木曜日

12月21日(木)

Filed under: その他 — webizumi @ 14:53:27

今年の冬は「ラニーニャ現象」によって寒さが厳しく、雪も多く降るとのこと。

あまり覚えていないのですが、6年ほど前もこのラニーニャ現象になり、厳しい冬だったそうです。

という訳で寒い冬になりそうですね・・・

寒いのは(暑いのも)苦手なので、現場に行く時はしっかりと寒さ対策をして風邪などひかずに、健康体で年末年始を過ごしたいと思います。

インフルエンザも流行期に入ったようですから、皆さんも気を付けてくださいね。

2017/12/8 金曜日

12月8日(金)

Filed under: その他 — webizumi @ 18:35:42

 

早いもので今年も残すところ1ヶ月を切りました。

 

師走は公私ともに何かと気忙しくなりますが、慌てることなく気持ちを落ち着かせて過ごしたいものですね。

 

お蔭様で手すりの取付けも年末に向けて徐々に増えてきています。

 

来春に予定されていた総合事業化も一旦先送りとなり、少しホッとした一年でした。

 

とは言え、今後の動向が気になりますが・・・。

 

2017/11/15 水曜日

11月15日(水)

Filed under: その他 — webizumi @ 14:58:55

 

当地(富山)も随分と寒くなってきました。

 

天気予報では、今週末に今シーズン初となる雪マークが出ています。

 

そろそろ冬用タイヤに交換しなくてはならないと思ってはいるんですが、ついつい後回しにして後悔するんですよね・・・

 

とにかく、早目の冬支度を心掛けましょう!

 

先日、男子フィギュアスケートの羽生選手が怪我をしてしまいました。

 

年明けにはオリンピックがあります。金メダルの最有力候補だけに気になるところです。

 

とにかく今は治療に専念して、ベストの状態でオリンピックを迎えられるよう祈るしかありません。

 

次のページ »